こまめに汚れをクロスで拭くこと

機械式時計はゼンマイを動力として作動する腕時計のことです。電力で動くタイプの時計よりも正確性では勝てませんが、秒針の動きが美しいことからファッションアイテムとして高く評価されています。日常的に使用している方は少なくないものの、皮膚に密着する箇所は汗や皮脂などの汚れが付着しやすいです。お手入れせずにそのまま放置すると衣類が汚れたり、かぶれなどの肌トラブルが起こる可能性があります。そのため、清潔に使うためには使用の都度、できれば毎日こまめにお手入れする必要があります。お手入れの方法は、クロスやメガネ拭きを使って丁寧に時計を拭いていくことです。特に時計の文字盤の上に装着されているガラスカバーは汚れが目立ちやすいため、時間をかけて拭き取ることが大事です。クロスで拭く際は水を使うと錆の原因になりますから、必ず乾拭きするようにしましょう。

ベルトのお手入れは素材によって異なる

機械式時計のベルト部分は、気づかぬうちに汚れが溜まりやすい箇所です。肌に密着するところですからしっかりとお手入れしたいものですね。ただ、ベルトは主に金属製と革製がありますが、素材によってお手入れ方法は異なります。まず、金属製の場合、コマとコマの隙間に汚れが溜まりやすいのが特徴です。したがって、汚れが気になったら、ベルトを本体から外して中性洗剤で丁寧に洗うと良いでしょう。使わなくなった歯ブラシで細かい部分を磨けば、綺麗になります。また、革製のものはクロスを使って汚れを取り除きます。革にひび割れが目立つようになった時は乾燥している証拠です。その場合、革靴用のクリームを塗って保革するようにしましょう。

ウブロは世界屈指の高級腕時計ブランドで、1980年の創業以来常に進化し続けています。機能的で革新的なアイテムが数多く揃っており、高い支持率を誇ります。