機械式時計はほぼ永久に使える

機械式時計の寿命はクオーツ式などの他のタイプに比べると長いと言われています。実は使い方さえ正しければ機械式時計はほぼ永久に使えることが知られています。機械式時計は歯車などをうまくかみ合わせて時を刻めるようにしているのが特徴で、電気なども一切使っていないことから故障して再起不能になってしまうようなことがほとんどありません。歯車などへの物理的な衝撃による損耗は起こりますが、メンテナンスをしていれば長く使っていくことが可能です。

長く使うのに必要なオーバーホール

本気で半永久的に機械式時計を使いたいと思ったら時を正確に刻み続けられるようにするためのメンテナンスが必要になります。定期的にオーバーホールをするのが重要というのが一般的な見解です。分解して調整をしたり、劣化している部品を交換したりするのがオーバーホールです。オーバーホールを定期的に行っていればその都度ほぼ新品のような状態に戻せるので快適に使い続けることができます。

オーバーホールの頻度はどのくらい?

オーバーホールを定期的にやった方が良いということがわかったけれど、どのくらいの頻度でやったら良いのかわからない人もいるでしょう。オーバーホールはどの程度、機械式時計を使っているかによっても適切なタイミングが異なります。毎日使い続けているのなら3年くらいが目安ですが、あまり使わないのなら5年か7年くらいでも問題はありません。普段使いのつもりなら5年を目安にしてオーバーホールをすると安心して使い続けることができるでしょう。

デザイン性と機能性に優れたグランドセイコーを選ぶときには、文字盤のカラーやケースデザインに注目します。